私は大学生の長期休みを利用して合宿免許を利用して、運転免許を取得しました。
あまり人となれ合うが好きではない性格で、少し値段はしましたが一人部屋を選択しました。
そのおかげで、一人暮らしの模擬体験ができました。
しかし、初めての土地で知らない人たちと勉強し食事を共にするのでつらい部分もありました。
帰りたくてもお金を先に支払っているので帰れません。
もちろんそんなことで弱音を吐くほど子供でもないので、日々淡々と過ごしていました。
合宿が始まった当初は、地元で時間をかけてでも取得したほうが良かったかもしれないと後悔したこともあります。
しかし、今振り返ってみると合宿をしてよかったと思っています。
私は運動神経がないので、実技の基礎でつまずいてしまいました。
もし地元で通っていたらその時点で挫折していたかもしれません。
ところが合宿の場合はそう簡単にはいきません。
途中で帰るなんて恥ずかしいことはできないと思っていました。
そのプライドが、運転免許取得に想像以上に前向きになれました。
基礎の時は時間がかかってしまいましたが、無線以降はうまくいき無事に卒業ができたときは嬉しかったです。
何より、そこで全く違う土地で育った知り合いができたのも、いい刺激でした。
同じことで悩んでいるので、話も弾みますし励ましあうことができました。
そんな経験ができるのは、合宿免許の場だけです。
ですのでいい経験ができたと思っています。
あれからかなりの年月が経ちますが、いい思い出です。