運転合宿免許の体験は、私の人生においてとても貴重なものでした。
だからこそ、機会があれば経験として行くことを、おすすめします。
特別な体験だと私が思うのは、いきなり雪の中で教習を行ったことです。
場所は、東北の山形の教習所でした。
私は雪がほとんど降らない関東地方に住んでいるのですが、そんな私にとって、いきなり雪の中を運転することはとてもハードルが高いものでした。
そして、「この経験は戻ってきて本当に役にたつのだろうか?」と考えたものです。
比較的田舎に位置していた教習所だったこともあり、車がほとんど通らない、というのもさらにその思いを強くさせました。
もっとも怖かったのは、高速道路の教習です。
80キロという猛スピードで、スリップの恐怖におののきながら走行していくのは、とても怖いものでした。
しかし、帰ってから都会の道路を走行してみると、あのときの緊張感が活きていることに気づかされます。
いつの間にか、安全運転を心がけるようになっていたのです。
また、雪の中を走行した経験は、スキー旅行へ行ったときに大いに役に立ちました。
以上が、私の運転合宿免許の体験談です。
とても貴重な体験で、いまでも大切な思い出です。
運転合宿免許には、メリットとしてこのように普段は生活しないような場所で運転する、という貴重な経験を積むことができる点があげられます。
空き時間には観光をすることができるのも、大きな魅力と言えるでしょう。
ぜひ、免許の取得を考えている方は、検討してみてください。