大型二輪免許を取得する大まかな流れは普通自動車免許とほとんど同じですが、もう少し詳しく説明しておく必要があります。
まず自動車教習所の卒業検定で合格することが重要です。
そのためには、第一段階と第二段階のそれぞれに設けられている技能教習と学科教習の2種類のカリキュラムをクリアしていくことが重要となります。
ただし、すでに普通自動車・普通二輪小型限定免許を所有しているのなら、一部の学科のカリキュラムが免除されます。
普通自動車免許を所有しているならば、二輪ならではの交通法規や運転マナーを1時間受講するのみ他の学科を受ける必要はありません。
そして、普通二輪小型限定免許を所有しているならば、学科教習そのものが免除されます。
どちらも、免許取得するときに単位を取っているからです。
そして、カリキュラムをすべてクリアしたら即卒業というわけではありません。
というのも、本当に知識も技能も身についているのか見極める必要があるからです。
それが卒業検定というわけです。
その卒業検定に合格すると晴れて自動車教習所を卒業することができます。
ただ勘違いしている人も多いようで、自動車教習所を卒業が大型二輪免許取得というわけではありません。
その卒業証明書や住民票の写しなどを持って、行政が定めている運転免許試験場に行くこととなり、最終的に適性試験・学科試験を受けて合格して免許を取得することができます。
このように書き並べていくとわかりにくいように感じますが、そこは段階に応じて自動車教習所が親切に教えてくれるため不安になることはありません。
その自動車教習所なら合宿免許を利用するのが便利です。
合宿で集中して教習が行われるため、カリキュラムの取りこぼしや不備によるミスも大幅に減らすことができるからです。
一般の自動車教習所よりもより確実に免許を取得できるようになるため、一般の教習所よりも合宿免許の教習所をぜひ利用してみる事をオススメします。